株式会社山新商店|小売業|酒類小売業|福島県会津若松市

qrcode.png
http://aizuyamashin.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

株式会社山新商店
〒965-0878
福島県会津若松市中町4番13号
TEL.0242-28-1415
FAX.0242-28-1415

────────
──────────
卸売業/小売業/酒類小売業
───────
───────────

 

社長のブログ

 

社長のひとりごと

社長のひとりごと
フォーム
 
まぼろしの鯨缶詰
2015-11-22
 先代の「缶詰ラベル・コレクション」を見ておりました。今の缶詰は缶に印刷してあるのがほとんどですが、昔は紙のラベル(レッテル)を缶詰に巻いておりました。
 ありました! 「鯨大和煮」、「鯨須の子」。今でも中小メーカーが製造しておりますが、高い割に余り美味しくありません。
 写真の缶詰ラベルは「まるは」大洋漁業(現・マルハニチロ)と「日水」(日本水産)です。いずれも50年以上前のものです。残念ながら大手水産会社は国際的評価を考慮して、十数年前に鯨缶詰の製造を中止しました。一世を風靡した「大洋ホーエルズ」もありました。今は!?
 ラベルには捕鯨船の鋭角的な銛(もり)が描かれています。こんな絵を見たら、シーシェパードが見たら大変でしょう。...
 戦後は日本人の重要なたんぱく質源であったことも確か。クジラの刺身もいいですが、クジラの脂を使ったみそ汁も食べたい。もはやまぼろしなのか
 
杵と臼 火鉢 骨董品です!
2015-11-03

 先日、卸営業本郡の玄関に置いてある置物の掃除を久々にしました。いずれも亡父が設置したものです。

郵便受けに使っている木製の火鉢。これは国分商店(食品商社 国分)からもらったもので、大正と昭和10年代製造とか。国分商店の屋号「キッコー 大」が印字してあります。
 陶器の火鉢、杵と臼 これもかなりの年代ものです。杵と臼は今でも使えます。本年の正月、大学の先輩が施設の餅つきに「杵と臼」を借りていかれました。十分に役目を果たしたとのこと。昔のものは長持ちします。

 
会津掃除に学ぶ会第16回年次大会 喜多方市立塩川中学校
2015-07-04

7月4日(土)喜多方市立塩川中学校(星秀司校長先生)を会場として「会津掃除に学ぶ会」(代表世話人 小池信介)の年次大会が開催されました。2000年に発足した会津掃除に学ぶ会も16回を迎えることが出来ました。私も発足当初から世話人の一人として会に関わって来ました。
 小池代表世話人の挨拶にもありましたが、第1回年次大会の年には3年生もまだ生まれていなかった。歳の積み重ねを実感します。
 今回は420名を超える参加者があり、今までで最大です。特に学校からは生徒170名 保護者42名 教職員22名が参加しました。
多くの参加者があったので、便所だけでなく、校舎の窓ガラスの大半を磨くことが出来ました。
 昇降口を担当していた生徒たちは、自分の磨いた窓ガラスが一番きれいだと笑顔で競い合っていました。
 閉会式での体験発表会では、10名の生徒の皆さんに掃除の感想を述べてもらいました。聖愛幼稚園の園児との「はじめの一歩」の大合唱。毎回、感動を持って歌っています。
 雨の中、車を誘導していただいた駐車場班、昼食と特製とん汁を作っていただいた食事班、そして本部スタッフの皆様に感謝いたします。
 中学時代の科学の先生が言われた、「百聞は一見にしかず。百見は一試にしかず」の言葉も思い出されます。聞くより見るより自ら進んで体験する大切さを想います。
 これからも会津掃除に学ぶ会。世話人の一人として「明るく、楽しく、身持ちよく」活動を支えて参ります。

 
天空の郷
2015-06-23

6月23日 当社のなめこ缶詰を製造していただいている西会津町 長桜「天空の郷」の田崎さんを訪ねました。

今回は田崎さんが素敵な女性に会わせたいとのことでした。地域おこし協力隊の仲川綾子は1年ほど前に西会津町に移り住み、「職の魅力を通じて西会津を全国に発信したい」という目標を持って様々な商品開発をしています。

仲川さんの記事は福島民報に2日にわたり掲載されました。

田崎さんのぜんまい畑を仲川さんと一緒に見て来ました。昨年も見ましたが、毎年毎年ぜんまい畑を増やしておられます。

ぜんまいを植えて、7年目になる来年にはようやく収穫が出来るとのこと。それでも収穫できるのは7年目のぜんまいだけとのこと。本当に根気のいる仕事です。

ぜんまいを語る田崎さんはもちろん苦労もあるが、楽しく面白くてしかたない。この素晴らしいぜんまいを田崎さん、仲川さんと協力して販売できればと考えました。

田崎さんのなめこを使った新商品を仲川さんが開発されているとも聞きました。

 
オロナミンC発売50周年
2015-11-22
先般、大塚製薬の発表会が開催されました。新商品よりも注目したのが「オロナミンCドリンク」が発売されて今年で50周年になるとのこと。東京オリンピックの次の年小売店の店頭に並び始めました。
 私と同世代の方には「大村崑」のブリキの看板が懐かしいことでしょう。当時、とんま天狗で人気者だった大村を使ったCM 「おいしいとね 眼鏡が落ちるんですよ。」ははやりました。
 今や、大村崑も83歳 まだまだ若々しく現役俳優として活躍しております。オロナミンCドリンクを飲んでいるから元気なのでしょうか。
<<株式会社山新商店>> 〒965-0059 福島県会津若松市インター西76番地 TEL:0242-23-1414 FAX:0242-22-1833